中央スラウェシの州都パルでの地震と津波災害に対する緊急支援は10月26日まで延期されていましたが、ついにその日がやってきました。西スマトラ州の都市パダンを拠点とするオランフレンズ(COPのボランティア)から10月18日よりアニマル・ウォーリアーによる活動のボランティアに参加したNovi Fani Rovikaは、もうすぐ西スマトラに帰らなければならなりませんでした。ペトボやバラロア地域にいた犬や猫の多くは、クラウドファンディグを通じた募金により食料を与えられました。食料の提供だけではなく、健康状態が理由でシェルターに救助されたり治療を受けたりしなければならない犬や猫もいました。

残された時間は多くありませんでしたが、難民所の子どもたちに会いたいという気持ちがあったので、Paluでの最後の日々は夜遅くに外に出かけました。動物の絵本を手に持って、Noviはお話を始めました。パルの子どもたちが眠る前に本の読み聞かせです。

「彼らの学校は津波に流され、液状化により飲み込まれてしまいました。しかし彼らの学びたいという気持ちまで捨て去ることはできませんでした。不安な気持ちはありますが、トラウマではありません。避難所での生活がいつまで続くのかわかりませんが、彼らは学び続けなければなりません。ラタンがなければ、根でもよい(よいものがないときは、何かを使って間に合わせるという意味のことわざ)。学校で勉強することができないのであれば、避難所もその代わりになる。この少しのことだけでもこの先役に立つかもしれません。いずれにせよ、彼らはすぐに立ち直らなければなりません。ときどき悲しみがこみ上げることもありますが、彼らは不屈の精神を持って強く生きています!」とNoviは話します。

原文はこちら(英語/インドネシア語)
http://orangutanprotection.com/2018/10/dongeng-sebelum-tidur-untuk-anak-palu/

訳:熱帯林行動ネットワーク

LINEで送る
Pocket