2018年12月22日の夜にスンダ海峡の海岸を津波が襲いました。情報によれば、この津波により430人が死亡、1,495人が負傷、159人が行方不明、21,991人が避難を余儀なくされました。人道支援が行われている中、救助チームはウミガメたちが閉じ込められているのを発見し、これらのウミガメを救助しました。アニマル・ウォーリアーは現在、影響を受けた動物たちを救助するために海岸と瓦礫の中を捜索しています。

アニマル・ウォーリアーとは、Animals IndonesiaとCentre for Orangutan Protectionによる共同チームであり、これまでスラウェシ島パルで起きた地震・津波をはじめ、バリ島アグン山、北スマトラのシナブン山、ジャワ島のクルド山やムラピ山などの噴火、アチェ州の地震など災害が起きた際に被災地に駆けつけています。この共同チームは、被害を受けた動物たちを救助・保護するだけでなく、もともとの飼い主のもとに戻すこともあります。また、死んでしまった動物たちの処置も行います。

2018年12月27日、火山地質災害センター(PVMBG)はアナック・クラカタウ山の警戒レベルをレベル2からレベル3に引き上げました。共同チームは今後起きる可能性のある災害にも気を付けながら、より広い範囲にわたって捜索できるよう取り組んでいます。

原文はこちら(インドネシア語)
http://orangutanprotection.com/2018/12/tolong-satwa-tsunami-banten/

訳:熱帯林行動ネットワーク

LINEで送る
Pocket