2019年最初となるCOPによる学校訪問は、ジャカルタ東部セトゥにあるチカル・ミドルスクールの「環境と開発」の授業で講師になってもらえないかという依頼から始まりました。2019年1月8日、現在ジャカルタでオランフレンズとしてCOPの活動に関わっているCOPスクール8期生のアマデアとザラの二人は、国内で唯一インドネシア人が立ち上げた団体であるCOPがオランウータンを守るためにどのような活動をしているのかという話から始めました。

このプログラムに参加した6年生、7年生、9年生の12人の学生は、「野生生物と持続可能な自然環境への貢献」という科目を選択しています。今回の学校訪問は、生徒たちの意欲によりいつもとは違うものになりました。オランウータンやその他の野生生物に関するクイズが2時間にわたって教室を賑わせました。

COPとその活動を支援するオランフレンズは、オランウータンの保護において教育が重要な役割を持っていると考えています。「将来、彼らが私たちに変わってオランウータンを守り続けるのです」そうアマデアは語ります。オランウータンについてより深く知るためにCOPに学校訪問をお願いしたいという方は、info[@]orangutanprotection.comまでご連絡ください。オランウータンをインドネシアの誇りにしましょう。

原文はこちら(インドネシア語)
http://orangutanprotection.com/2019/01/school-visit-awal-tahun-di-sekolah-cikal-amri-setu/

訳:熱帯林行動ネットワーク

LINEで送る
Pocket