COPではインドネシアの東カリマンタン州でオランウータンのリハビリセンター「COP BORNEO」を運営しています。

この地域は過去に国有企業による木材伐採(択伐)のための事業用地でしたが、2012年に環境林業省よりラバナン演習林として7,900ヘクタールの地域に対する権利がCOPに与えられました。この地域は豊かな二次林に覆われていることから、将来的にはオランウータンの野生復帰のための場所としても計画されています。

しかし、このオランウータンにとって大切な地域が鉱山開発により危機的状況にさらされています。演習林が広がっているこの地域に、鉱山開発事業のための権利が企業に与えられてしまったためです。この地域で操業するベラウ・コール(PT. Berau Coal)社は、インドネシアの巨大財閥シナール・マス・グループ(Sinar Mas)の傘下にある企業です。このままでは、オランウータンのための森林が鉱山開発のために破壊されてしまうおそれがあります。

本来であれば、演習林のような特別な機能を持った地域では開発のための権利が与えられることはありません。しかし、実際にはインドネシア各地でこのようなことが起きており、世界遺産に指定されている国立公園もその例外ではありません。このような状況の背景には、汚職の蔓延や脆弱なガバナンス体制、中央・地方政府の連携不足などさまざまな要因が複雑に絡み合っているのです。


(赤枠:ラバナン演習林、水色:ベラウ・コール社による開発予定地域/8割弱が重複している)

今後も、オランウータンのリハビリセンター周辺での鉱山開発に関する新たな情報が入り次第アップデートしたいと思います。

LINEで送る
Pocket