お知らせ

パーム油革新グループ(POIG)とは?

 

パーム油革新グループ (Palm Oil Innovations Group:POIG)は、RSPO の基準およびコミットメントを基礎とすることによって、また、RSPOの既存の基準を実施するための革新的な方法を実証することと、その他のクリティカルな問題に取り組むことによって、RSPOをサポートすることを目指しています。POIGメンバーは環境への責任と地域社会とのパートナーシップ、企業および製品の誠実性の3つのテーマ領域に焦点を当て、社会・環境への責任のあるパーム油生産へのコミットメントを強化することが求められます。

 

POIGはこれまでの経験を活用して、パーム油産業における革新的な方法を生み出し、それらの革新的方法の提唱者として行動することに焦点を当てています。POIGは野心的な基準を設定し、実施することによって、特にこの産業が森林破壊や人間、土地、労働者の権利への侵害とパーム油との結び付きを断ち切ることができるでしょう。POIG憲章は現在、パーム油生産企業(利益の大部分をアブラヤシの生産と加工から得ている企業)に焦点を当てています。

 

POIGはパーム油セクターにおいてこの憲章を支持し、このビジョンを共有するすべての関係者に開かれています。POIGはこの産業の中でこの憲章に従って活動する革新的な企業によって生産されたパーム油製品への需要を増やすための方法を研究することを希望しており、そのため特に生産者と消費者のサポートを歓迎します。これらの基準が供給チェーン全体で実施されることを保証するため、憲章を支持する取引業者、投資家、製造業者、小売り業者、消費者を対象として、憲章にこのほかの要素が追加されることが想定されています。

 

目標と目的

 

POIG は:

+ アブラヤシ栽培および搾油工場の管理における、また、供給チェーン全体における環境、社会、供給チェーン、ガバナンスの広範な問題に関係する革新と改善を促進し、そのような革新がパーム油産業全体に拡大し、RSPO 基準に反映されることを目指す。

+ 革新的・進歩的生産者および供給チェーンのパートナーに対する付加価値を生み出すため、市場での認識を高め、革新的で改善された方法によって生産されたパーム油製品に対する需要を増やす。

+ アブラヤシ栽培の方法、搾油工場管理の方法、責任ある調達、製品のトレーサビリティー、供給チェーン全体にわたる検証における革新と改善の経験についての議論と共有のための開かれたフォーラムとして活動する。

+ 集団として政府と協議して、革新的な方法への認識とサポートを獲得し、それらが法律・規則に組み込まれるよう促す。

 

憲章に署名する者は、そのすべてのパーム油製品のRSPO P&Cとの適合を証明し、第三者の検証を通じて下記の要件の順守を立証することを確約します。

 

 

パーム油革新グループ(英語)

 

パーム油革新グループ監査レポート(英語)【Agropalma社】【DAABON社】【New Britain Palm Oil社

 

パーム油革新グループ憲章(日本語)

 

パーム油革新グループ監査指標 2016年3月改定版(日本語)