インスタント食品会社のパーム油問題への対応状況(2020年)

この対応状況の内容は2020年12月に実施したアンケートの各社からの回答に基づいています。
持続可能なパーム油の調達に向けた取り組みの達成度の順位が高い企業順となっています。

進捗度に応じてA〜D(A、BBB、BB、B、CCC、CC、C、D)のグレーディング評価をしています。評価の基準は以下の通りです。

A:確認方法がRSPO認証だけでなく、追加的に専門家による独立検証を実施している
BBB:是正措置の要求に関する規定を持っている、苦情リストを公表している、サプライヤーによる調達方針の実施を確認している
BB:調達方針の期限付き実施計画を持っている、自己評価を行っている、搾油工場のリスト(ミルリスト)を公表している
B:NDPE方針を採用している(すべての要素が含まれていない場合はCCC)
CCC:調達方針がすべての製品に適用されている
CC:RSPO認証油を調達している
C:調達方針を持っている(公表していない場合はD)
D:調達方針を持っていない

評価項目の詳細やそれぞれの企業の進捗についてはこちら【78KB】よりご覧いただけます。
インスタント食品会社_グレーディング

アンケート回答せず:
マルハニチロ、キューピー、ハウス食品、極洋、エスビー食品、
サンヨー食品、エースコック

過去の対応状況はこちら(2016年2017年2018年2019年

2020年度総評

2020年のアンケートにご回答いただいた企業は、ほとんど前回と同じ顔ぶれとなりました。今年もアンケート調査にご協力いただきありがとうございました。

前回のアンケート調査では、8社(明治、日清食品HD、ニチレイ、キユーピー、東洋水産、日清製粉グループ、ハウス食品、サンヨー食品)の企業が新たに生産地までのトレーサビリティを確認していると回答しましたが、今年も緑色で示されているように、調達方針や森林破壊ゼロ、泥炭地開発ゼロ、搾取ゼロ(NDPE)方針の策定や調達方針の実現を達成するための実施計画などの前進が見られました。この調子で、今回から新たに追加した調達方針の実施に関する評価項目への取り組みを進めていかれることを期待しています。

もどる

1