皆さんこんにちは。OyatsuLoverのタチカワです。
今年もやってきました!バレンタインの季節が!
女子力が底辺に近い私でも、年に一度のこの時期だけは手作りお菓子を作る気になります。

ところでお菓子を作る時にチョコレートは何を使ってますか?レシピ本を見ると材料のところに製菓用チョコレートと記載されているものを多く見かけます。でも実際市販の板チョコレートと何が違うんでしょう?
ちょっと調べてみました。

製菓用チョコレートは材料の一つでそのまま食べてもおいしくありませんが、お菓子として仕上げた時にはカカオ本来の濃厚な味わいが楽しめます。
製菓用チョコレートの中でもクーベルチュールチョコレートは国際規格で総カカオ固形分35%以上、カカオバター31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上、カカオバター以外の代用油脂は使用不可!という規定があるようです。ですが日本にはこの国際規定は適用されておらず、カカオバターの他に糖分、香料、乳化剤の役割としてレシチン(大豆由来)が含まれているものもあるんだとか、、、あらら、購入する時は成分表示をよく見たほうがよさそうです。

一方市販のチョコレートはそのままおいしく食べることを目的に作られています。皆さんご存知の通り、口溶けをよくするために植物油脂が使われていたり、香りが損なわれないように香料が使われたりしています。
板チョコメーカーのホームページでは現在自社の商品を使用したチョコレシピを多数公開しています。どれもおいしそうに見えてしまいますが、、、

昨年私たちが製作した動画「【実験】チョコに油ってどれだけ入っているんだろう?」では市販のチョコレートから油を抽出する実験を行っています。普段何気なく食べているチョコに含まれる油をはっきり見ることが出来ますよ。

また最近ネットで見た記事をご紹介します。イギリスのメディアがヘーゼルナッツ入りのチョコレートクリーム、ヌテラ(nutella)に含まれるパーム油やカカオ、砂糖の量を可視化した写真を公開しています。➡記事はこちら
もはや自分は何を食べているんだろうと思わずにはいられません(涙)。

一年で一番チョコレートを身近に感じるバレンタイン。油や香料まみれのニセチョコよりも芳醇な香りと濃厚なおいしさの本物チョコを選んだり送ったりしたいですよね。さて今年はどんなチョコレート菓子を作ろうかなぁ。

okashi

1
LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>