パーム油関連各社の対応状況(2021年最新版)

「企業格付け」は、プランテーション・ウォッチが各社のパーム油問題への対応状況を評価したものです。

評価の内容は、プランテーション・ウォッチが2016年より実施しているアンケート調査の結果に基づいています。

日本のパーム油利用の8割を占めている食品業界を中心に、それぞれの業界における売上上位の企業をアンケート調査の対象としています。

2021年度は、115社にアンケート用紙を送付し、このうち49社から回答が得られました。また2社からは回答を控えるとの連絡がありました。

以下より、7つの業界(お菓子会社、インスタント食品会社、食料品販売会社、パン・マーガリン会社、外食サービス会社、商社、日用品・油脂・調味料会社)ごとの企業格付けと総評をご覧いただけます。

さあ、リードしているのはどこでしょう?


お菓子会社編へ

インスタント食品会社編へ

sugoroku_link_003

sugoroku_link_004

sugoroku_link_005

sugoroku_link_006



*格付け評価の一覧はこちらからご覧いただけます。
 


10

Users who have LIKED this post:

  • avatar