パン・マーガリン会社のパーム油問題への対応状況(2018年)

この対応状況の内容は2018年秋に実施したアンケートの各社からの回答に基いています。
企業の番号はパン・マーガリン会社を含むグループ会社全体での売り上げが高い順となっています。

パン・マーガリン(2018)

【対応状況をPDFで見る:96KB】

パン・マーガリン会社2019年総評

2018年に実施したアンケートでは残念ながら昨年よりご回答は少なくなってしまいました。しかしながら毎年ご回答いただいている企業の皆さん、アンケートへのご協力誠にありがとうございました。

残念ながら今回はご回答を頂けませんでしたが、雪印メグミルクが2018年7月に「雪印メグミルク グループ調達方針」を制定し、RSPOへ加盟しました。(http://www.meg-snow.com/csr/procurement/)

J-オイルミルズは前回から動きはありませんが、すでに社内での調達方針はお持ちですので、今後公開していっていただきたいと思います。

敷島製パンが社長や役員レベルまでパーム油問題の認識を広げ改善させました。取り組みを継続していただきたいと思います。

2018年3月に明治がトランス脂肪酸を多く含む「部分水素添加油脂」を全ての家庭用マーガリン類に対して不使用にし、リニューアル発売しました。しかしこの代替になった新しいブレンド油脂はパーム油が起源となっているそうです。一方同じく3月に明治同様家庭用マーガリンの「部分水素添加油脂」の配合をやめた雪印メグミルクはその代替としてパーム油を使用していないと答えています。(https://biz-journal.jp/2018/06/post_23757_2.html)

大手のこのような動向によって業界がどのような反応を見せるか、企業の取り組みや消費者の選択に今後も注目する必要があります。

もどる

0
LINEで送る
Pocket